40年卒 古稀祝い 『人生70年、古来稀なり』

『人生70年、古来稀なり』

唐代の詩人、杜甫の詩の一節である。

古稀はこれに由来する。

先日、70歳を迎える巻高昭和40年卒の同期の仲間が、上野「東天紅」に集い、

古稀祝いを開催した。

26名が参加。

昨年新潟のシルバーホテルでも70名を超える参加者を得て、古稀祝いを開催した。

唐代では70歳まで生きるのは、稀だったのだろうが、昨今では70歳はそう珍しいことではない。

今回の集いは、この古稀祝いを以って、毎年の同期会を終わりにしよう、最後にしようという締め括りの意味合いがあったのだが、いざ集まってみると、やはり巻高卒業生の集い、しかも同期の集いはいいものだと、改めて感じないわけにはいかなかった。

今後も定期、不定期にかかわらず、同期の集いはいいものだと思う面々がいる限り、我が40年卒同期会は続いていくのだろう。

さて、幾つまで続けることができるだろうか。

記念写真を掲載する。 

40年卒 宮川

 

宮川玉城さんからご投稿いただきました。